今大人気のペット葬儀って何?~ペット葬儀の具体的な内容~

最後の別れはペット葬儀で

犬や猫を飼っている方はペット葬儀について事前に知っておきましょう

ペットの遺影

今国内では、多くの犬や猫がペットとして飼われています。ペットを飼う人の増加や飼い方の変化に伴い、ペットに関するサービスの形態も多様化してきました。「ペット葬儀」もその1つです。では、ペット葬儀とは具体的にどのようなサービスなのでしょうか。

家族の一員~最後まで看取ろう~

犬や猫、ハムスターやカブトムシなど、現在様々な生き物がペットとして飼われています。ペットショップにはたくさんの種類のペットフードやおもちゃ、ケージなど、ペットと長く楽しく過ごせるようなアイテムが数多く並んでいます。そのため、ペット愛好家を中心に、多くの人がペットを家族の一員として見るようになりました。ペット葬儀とは、これまで家族として接してきたペットが息を引き取ったときに行なう葬儀のことを言います。人間の葬儀のようにしっかり火葬し、供養をして天国へと見送ります。

2つのペット葬儀方法

ペット葬儀を行なう際は、火葬と土層のどちらかを選択する必要があります。ここでは、この2つの葬儀方法の特徴を説明したいと思います。

火葬
ペットの遺体を焼却炉で火葬する方法になります。焼却炉はペット専用のものを使用します。火葬方法は大きく分けて、数匹の遺体をまとめて火葬する合同火葬と、1匹単位で火葬する個別火葬の2通りの方法があります。ペット葬儀を行なう人の多くが、業者を通して火葬による葬儀を行なっています。
土葬
土葬とは、遺体を土中に埋葬する葬儀方法となります。現在日本では、ペットの遺体は一般廃棄物という扱いとなっています。そのため、私有地に遺体を埋葬する分には全く問題ありませんが、腐敗臭や近所への影響などを考えると、腐敗臭などの懸念点が出てしまいます。どうしても自宅の庭や私有地のどこかに土葬という形で埋葬したいのであれば、穴を1メートル以上深く掘り、そこに入れるようにしましょう。また、大型犬のような大型のペットを土葬する場合は、火葬した上で埋葬するようにしましょう。

ペット葬儀業者を利用するなら火葬がおすすめ

火葬方法には、細かく分けて3つの方法があります。合同火葬、一任個別火葬、立ち会い個別火葬の3つです。それぞれ内容が異なるのでしっかり把握しておきましょう。合同火葬から順に、簡単に説明していきます。

3つの火葬方法の紹介

合同火葬
合同火葬は、自分が飼っていたペットだけでなく、他のペットたちとまとめて火葬する方法のことを言います。他の火葬方法より料金が安いこともあり、ペット火葬の中ではとりわけ利用者数が多く人気のある方法です。ただ、火葬に立ち会うことができず、また遺骨の返還もされません。
一任個別火葬
個別火葬にはこの一任個別火葬と立ち会い個別火葬の2つの種類があります。一任個別火葬は、自分のペットを他のペットとは別に個別で火葬してもらう方法です。火葬の立ち会いはできませんが、遺骨を残してもらうことができます。
立ち会い個別火葬
一任個別火葬のワンランク上の火葬方法が、この立ち会い個別火葬です。文字通り火葬に立ち会うことができる内容となっています。また立ち会いには、家族だけでなくペットと親しくしてきた知人や親戚も参加できます。他の火葬方法に比べ料金こそ高いですが、ペットを手厚く供養するのに最も適した方法と言えるでしょう。