ペット葬儀の料金~大きなサイズのペットは料金も大きくなる?!~

最後の別れはペット葬儀で

ペットの火葬にかかる費用について

ペット葬儀の費用は、葬儀方法だけでなく、ペットの体重やサイズでも変わってきます。体重別の大まかな料金相場を知っておけば、ペット葬儀を行なうとなったときにスムーズに費用を用意することができます。ここでチェックしてみましょう。

ペットの火葬費用は一体いくら?

小動物・小型犬の場合
体重が2kg未満の動物は合同火葬だと12,000円~、一任個別火葬は17,000円~、立ち会い個別火葬は19,000円~となります。これが2~5kgとなると、それぞれの料金に4,000円程上乗せされます。さらに5~10kgの小型犬サイズの動物となると、さらに4,000円程上乗せされた料金となります。
中型犬・大型犬・超大型犬の場合
中型犬や大型犬の葬儀費用の相場は、小型犬のそれと比べさらに高くなります。10~25kgの中型犬サイズの場合、合同火葬だと30,000円~、一任個別火葬は35,000円~、立ち会い個別火葬は37,000円~となります。25~40kgの体重の大型犬サイズだとそれぞれの料金に10,000円程上乗せされ、40kg以上の超大型犬となるとさらに10,000円程上乗せされます。

サイズが大きい子はなぜペット葬儀の費用が高くなるの?

上でも紹介したように、ペット葬儀の料金は火葬するペットの体重や大きさによって大きく異なります。なぜサイズの大きな動物の葬儀料金が高くなるのかと言うと、単に火葬にかかるコストが高くなるからです。火葬時間が長くなると、その分火葬炉が冷めるのに長い時間が必要となります。火葬炉が一定温度まで冷めないと次の火葬はできません。つまり火葬時間を長く要するペットの火葬料金には、火葬炉の占有料も含まれているということです。

住職を呼ぶかでも費用は変わる

ペット葬儀の内容は、業者によっていろいろな部分に違いが見られます。葬儀内容のオプションとして、住職を呼んで本格的に弔ってもらうというものもあります。案外このサービスは人気があり、現在全国の多くの業者が取り入れています。ただ、あくまでこのサービスはオプションとして販売されているので、別途料金が発生します。その料金額も業者によって違ってくるので、検討している方は事前に確認しておきましょう。