ペット葬儀の火葬方法の種類~ペットも家族も満足できる葬儀に~

最後の別れはペット葬儀で

火葬方法の詳細

犬の遺影

3つの火葬方法には、それぞれメリットもあればデメリットもあります。それぞれのメリット・デメリットを把握していれば、いざペット葬儀を行なうとなったときに、そのときの状況に合った最適な方法を選ぶことができます。

それぞれの火葬方法の特徴

合同火葬の特徴
合同火葬のメリットは、やはり料金がリーズナブルであるという点です。また、他のペットと一緒に仲良く天国まで見送ることができる、というのも1つのメリットと言えるでしょう。寂しがりやの性格をしていたペットを供養するのであれば、この合同火葬が最も適しているかもしれません。デメリットとしては、火葬の立ち会いができないという点、遺骨がもらえないという点が挙げられます。なぜ返骨してもらえないかと言うと、他のペットと一緒に火葬をするので骨が混ざってしまうためです。
一任個別火葬の特徴
一任個別火葬の大きなメリットは、飼っていたペットを個別で火葬してもええる点、そして遺骨がもらえるという点です。これはいずれも合同火葬では得られない、一任個別火葬と立ち会い個別火葬ならではのメリットと言えます。また、愛玩していたおもちゃや好物などの愛用品を一緒に火葬させることもできます。デメリットは合同火葬より若干料金が高いという点です。
立ち会い個別火葬の特徴
立ち会い個別火葬は、一任個別火葬と中身がほとんど似通っています。一任個別火葬には無いメリットには、火葬に立ち会うことができるという点、そしてお骨上げができるという点が挙げられます。デメリットというデメリットはほとんどありませんが、強いて挙げるなら、料金が高くつくという点でしょうか。ただ料金面に関しては、葬儀を行なう前にスタッフから詳細を聞けるので、納得した上で業者に依頼できます。